『パターソン/Paterson』(2016)
監督:ジム・ジャームッシュ/Jim Jarmusch


出典:Bleecker Street

本日はジム・ジャームッシュ監督作品『パターソン』をご紹介します。カンヌ国際映画祭にて、かの有名なパルム・ドック賞(パルム・ドールじゃないですよ)なんかも受賞しました。主人公の飼い犬、ブルドッグのマーヴィンがね、いいんですよ。スターウォーズで一躍有名になった主演のアダム・ドライバーも素敵です。「詩」がテーマのこちらの作品。何気ない日常が詩的な目線で描かれ、その何気ない瞬間にいかに芸術が溢れているかを実感させてくれます。数々の名作、奇作を残してきたジム・ジャームッシュ作品の中でも、『コーヒー&シガレッツ』に並んで私が大好きな作品です。
台詞は、主人公が偶然出会った、永瀬正敏演じる日本人の詩人の一言。

 

Poetry in translation is like taking a shower with a raincoat on.
(翻訳された詩ってのは、レインコートを着てシャワーを浴びるようなものだ)

 
翻訳しちゃったら、詩の良さは伝わらないっていう意味を込めた素敵な比喩表現ですね。

というわけで今回は、likeの色々な使い方をご紹介します。

 
前置詞like(後ろには名詞/動名詞)
例:You are just like your father.
(お父さんそっくりだね)

例:These shoes are so light. It’s like walking on air.
(この靴すごく軽い、空中を歩いてるみたい)

例:I don’t feel like going out.
(出かけたい気分じゃない)

 
接続詞like(後ろには節)
例:You look like you didn’t get much sleep last night.
(昨日あんまり寝てないみたいだね)

 
動詞like
例:I like traveling solo.
(一人旅が好き)

例:I would like some more water.
(お水のお代わりください)

 
かなりカジュアルな口語表現
例:When one of my American friends first ate natto he was like, “what is this!?”
(アメリカ人の友達が初めて納豆食べた時、「なにこれ!?」ってなってた)

例:My boyfriend asked me to go skydiving with him and I was like, “no way.”
(彼にスカイダイビング誘われたけど、「絶対無理」って言った)

※これはネイティヴ(特にアメリカ人)の間でとてもよく聞かれる表現ですが、砕けた表現なので、フォーマルな場では使わないようにしましょう。

Ayami

新宿校

記事をシェアする:
2021-09-22T10:51:03+09:002021-09-25|映画で英会話|0 Comments

Leave A Comment